TEL


map

園の特色

自然あふれるビオトープは、子どもたちのワンダーランド♪


平岡幼稚園は、県内でも最大規模(7,501㎡)の園地があります。
この広大な敷地は、地域の多様な生きものの棲み処(ビオトープ)になっています。
自然あふれるビオトープは、子どもたちのワンダーランド♪
 
自然はワンダーの宝庫です!様々な角度で身近な自然を見てみると、
さまざまな驚嘆の世界が見えてきます。
 
子どもたちは、毎日、園内の豊かな自然の中で遊びながら、
心躍る多様な発見を楽しんでいます。
-------------------------------------------------------------
平岡幼稚園のビオトープは、大きく4つのエリアに分かれています
-------------------------------------------------------------
自然あふれるビオトープは、子どもたちのワンダーランド♪
①平岡の森エリア
 
園内で最も生き物の多様性が高い場所で、
湧き水を利用した池や小川があり、
サワガニやオニヤンマなどの生きものが棲んでいます。
 
オオタカやアオバトが立ち寄ることもある緑あふれる場所です。
自然あふれるビオトープは、子どもたちのワンダーランド♪
②園庭エリア
 
中央に大きなシンボルツリー(ケヤキ)がある園庭。
西側にはまとまった草地と水辺があります。
写真の池は、平成25年6月の保育参観で、みんなで作成したものです。
地下121mより汲み上げた井戸水を使用しています。
ギンヤンマ、ミズカマキリ、コオイムシ、ゲンゴロウの仲間など
様々な生きものが繁殖するようになりました。
自然あふれるビオトープは、子どもたちのワンダーランド♪
③原っぱエリア
 
園庭の先の橋を渡ると、広い草地ゾーンがあります。
通称「原っぱ」と呼ばれています。
この原っぱにも、平成26年6月の保育参観で、みんなで作成した池があります。
園庭の池と同じく井戸水を使用しています。
用水路から自力で遡上してきたカワリヌマエビの仲間や、
魚(シマヨシノボリ)などが棲み着いています。
自然あふれるビオトープは、子どもたちのワンダーランド♪
④運動場エリア
 
中央がグラウンドになっていますが、
その周囲は、草木がたくさんあります。
水辺はありませんが、
カブトムシ、クワガタ、タマムシなど、
子どもたちに人気の生きものが見られます♪
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
自然あふれるビオトープは、子どもたちのワンダーランド♪
神奈川県ホームページに
『平岡幼稚園が行う生物多様性の保全活動の取り組み事例』
が掲載されました!
 
平岡幼稚園では、園児と一緒に地域の生きものたちを保全しています。
園地をビオトープにした平成21年以降、
園内にはたくさんの生きものが訪れるようになり、
これまでに神奈川県レッドデータブックに記載されている
31種が確認されました。
(園内で見られた生きものは400種を超えました)
 
 
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

PCサイトへ